FC2ブログ

だらだら日記@たぬろぐ。

へっぽこライターが色んな話題をだらだらと綴る日常。

お知らせ

このブログは2004年~2009年分の過去ログになります。
2010年1月以降は「たぬろぐ。」に移転します。

嗚呼栄冠は君に輝く。

決勝戦が15回引き分け再試合になるなど、話題の多かった高校野球夏の大会も今日で終わり。
確実に歴史に残るであろう決勝戦は、やはり見所の多いものでした。

両校の投手ともに連投に継ぐ連投で、どう転んでもおかしくない試合展開。
トーナメント式による大会で、負けたら明日はない……そんな想いがゲームを面白く、熱くしているのでしょう。
どうも投手ばかりがクローズアップされるメディアでの報道ですが、打撃陣も目を見張る活躍が多かったこの大会でした。
本当に、トーナメント式というある意味残酷な方法で日本一を決める……その切なさが、毎年ドラマを生んでいるんだと感じます。

年々技術の向上により、ゲームの展開が手に汗握るものになっています。
こうして力をつけた高校球児が、この先どのような形で野球を面白くして行ってくれるのか。そう考えると、なんだかわくわくしませんか。

もちろん、高校野球全体が抱える課題は多いです。
今回のような連投・連戦は球児達にどのような影響を与えるのか。
地域ごとの格差はどうすべきなのか、いわゆる野球留学の問題はどうなのか。
部員が起こした事件に対する処分も曖昧であったり、私立と公立との技術の差が広がっていく問題も見過ごせないものです。

しかし、核となる「野球への情熱」は、どの高校でも変わらないものと信じたい……
野球の不人気が囁かれていますが、視聴率等を考えると全体的な人気は衰えていないはずです。
(プロ野球人気はまた別のところに問題がありますからね)

今大会で一番嬉しかったのは、決勝戦で投げた両投手ともが出した「もう一試合できるのが嬉しい」というコメント。
心から野球を楽しみ、最高の環境・最高の舞台で戦うことができた彼らが、とてもうらやましくとてもまぶしく見えます。

甲子園に出場した高校の選手のみならず、地方大会まで目を向ければそれぞれの高校・選手にそれぞれのドラマがあったはず。
野球はこんなにも面白いものなんだ!と思わせてくれた全ての高校球児達に感謝です。





―――

ここからはたぬ的腐れコメント(何

・どうも「ハンカチ王子」こと早稲田実業の斎藤くんばかりがクローズアップされがちですが、たぬ的イケメンは鹿児島工業の榎下くん。

・てゆーか「ハンカチ王子」ってどーいうネーミング。

・王監督・荒木大輔ライオンズ投手コーチだけでなく、大矢明彦氏や川又米利氏にもコメントを取りにいってください……
(個人的趣味)

・鹿児島工業の今吉君の頭をなでなでしたい。

・みんな、うちの1号と同い年or年下なんだな……('A`)

  1. 2006/08/21(月) 00:00:00|
  2. 日常。

適当に撮ってみたり。

適当写真。

about

仕事や家庭のグチ、時事ネタとか、無節操に書いてます。Web拍手をいただけると励みになります(^-^)
基本的にmixi日記の転載なので時間がかかります(汗)
また、スパム防止のため、トラックバックは承認制にしております。ご了承ください。

スパム防止のため、一言フォームを停止しています。
コメントをいただける場合は、Web拍手をクリックしたあとに表示されるフォームからよろしくです。

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード